ポルトガル その4 ~極東から最西端へ~

ポルトガル3日目。まずはベレンの塔と発見のモニュメントを観光。
ベレンの塔は、司馬遼太郎が「テージョ川の貴婦人」と称えた美しい塔です。思ったよりこじんまりしていましたが。
画像
発見のモニュメント。先頭はおなじみエンリケ航海王子です。
画像
モニュメントの下は世界地図のモザイクになっていて、発見された年号が刻まれています。日本はなぜか1541年に発見されたことになっています。
ここは昨日訪れたジェロニモス修道院の近くです。本来は同じ日に観光する予定だったのですが、シントラの王宮の休館日の関係で観光順序が入れ替えられました。

バスはヨーロッパ最西端ロカ岬を目指します。カスカイスの町で途中下車。
画像
石畳のモザイクが素敵です。この白黒の石を組み合わせた石畳はポルトガルならではのもので、至る所で見ることが出来ました。しかし傷みやすいのか、大抵どこかを掘り返しては直しています。これもポルトガル流でしょうか。
画像
壁のアズレージョをまた発見しました。

ついにロカ岬へ到着。天候は最悪です。
画像
この荒れ狂う天気が「世界の果て」気分を掻き立ててくれるのだと自分に言い聞かせます。
画像
気候が厳しいのか、生えている草はマツバボタンのような多肉植物です。
ポルトガルの国民的詩人カモンイスが「ここに地果て、海始まる」と詠んだ通りの光景が広がっています。目の前はただ大西洋が広がるのみ。ドラクエで例えるならルザミの島のような寂寥感です。船人達は何を目指して漕ぎ出したのでしょうか。500年後のアジアの片隅からはるばるやって来た我々は感慨しきりです。しかし感激しすぎたのか、以前ロカ岬を訪れて思わずロープを乗り越えてしまい、そのまま行方知れずの日本人男性がいるとの話です。

観光中は安全に気をつけましょう。旅はまだまだ続きます。

ロカ岬

ルックJTB リスボン行きツアー一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ユーラシア大陸最西端へ!

    Excerpt: ローマからリスボンに到着、とはいえ外国での宿探しは初めて、とりあえず安宿に入って、シングルが一室空いてるということで、そこで手を打つ事にこういうのに慣れてる人であれば、部屋見せてもらってダメだったら次.. Weblog: ~未来飛行記~ racked: 2006-04-23 15:11