台湾 10th その13~シメは国立台湾科学教育館~

4日目。最終日の朝です。もう山盛りマンゴーはお約束。
画像


ガイドさんが迎えに来てくれるのが11:10だったので、それまでわずかな時間ではありますが、最後まで食べて遊びます。朝食は民権西路站近くのartco de cafeというところに入ってみました。お洒落なカフェです。
画像


パニーニはスモークサーモンとトマト、きゅうり入り。娘はゆで卵付のセット(ドイツ風モーニングだそうです)がいいと言うので注文しました。ジュースはオレンジ&クランベリーです。注文を受けると店員さんが2種類のジュースを混ぜていました。ミックス具合は店員さんのさじ加減ひとつです。
画像

日本のすごく美味しいパンとコーヒーには負けますが、普通に美味しいです。台湾は、台湾料理が美味しいのはもちろんですが、まともなアイスコーヒーが飲めるのが嬉しいです。
ヨーロッパではアイスコーヒーと言えばアイスクリームがてんこ盛りの生ぬるいコーヒーしかなく、中国・韓国ではインスタントレベルのコーヒーしかお目にかかれませんでした。冷たくて美味しいお茶とコーヒーが簡単に手に入る台湾は有難いです。
ここのお店はトイレがすごく綺麗で、その点もポイントが高いです。

さて、出発までは国立台湾科学教育館というところで遊ぶことにしました。民権西路からはタクシーで10分くらいです。
画像
館内をきょろきょろしていたら、少し日本語ができる係員さんがやってきて、チケットの買い方を教えてくれました。

CIA科学捜査展というのをやっていて面白そうでしたが、我々の目的はこちら。
画像
地下1階はちびっこ向けの屋内遊戯場になっています。
写真ではちょっとわかりにくいですが、ブロックなどの知育玩具を中心に、さまざまなおもちゃが揃っています。子供達は大きなブロックを積み上げたり、トンネルをくぐったり、ネットによじ登ったりして大喜び。絵合わせパズルやバランス積み木など、言葉がわからなくても楽しめます。
最初は平日の朝一ということもあってかガラガラに空いていましたが、次第に子供が集まってきました。夏の暑さが厳しい台北では屋内遊戯場が重宝されるようです。ハイハイの赤ちゃんから小学生くらいまで遊べるのではないでしょうか。
地下1階の利用だけなら、大人60元、子供40元という安さで時間制限もないので、復路が午後便で中途半端に時間があるときに使えそうな施設です。娘はここが一番面白かったと言っていました(一番が毎日更新されています)。
施設の周りは交通量が少なかったですが、少し歩いて大きな通りに出ると、すぐにタクシーが拾えました。

こうして無事に4日間食べて遊んで帰ってきました。旅行中子供達の体調が一番心配でしたが、ライチを食べまくった2人はすこぶる元気。息子は1日5回くらいお通じがあって驚きましたが、すべて惚れ惚れするような快便。ライチは整腸作用があるの?
嬉しかったのは、娘が旅行中に何度も「旅行って楽しいね」と言ってくれたことです。これまで、大人の都合で子供を振り回しているのでは、という思いにかられたこともありますが、こうして旅行を楽しめる年齢まで育ってくれたんだなあ、と思うと感慨ひとしおです。
息子は何を食べても「んまー!」、外を見ては「ぶばー!(ブーブー)」「でんしゃ!」「ばっぷー!(バス)」と、息子なりに楽しんでいたようです。
もう10回目の台湾旅行ですが、毎回帰ってくると「次はいつ行こうか」と考えています。きっとまた行くでしょう。それまでしばしのお別れです。
娘は「今度は7月に行こうね」と言っていますが、流石にそれはムリです(笑)。

国立台湾科学教育館

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ネコロ
2010年07月03日 10:26
ご無沙汰してます。台湾、美味しそうで機会ができたらすごく行きたいです。(去年マンゴーアレルギーを発症したので、食べたくても食べられないのがキツイです。)
マンゴロイド
2010年07月03日 22:51
こちらこそご無沙汰してます。マンゴーはウルシ科で、かぶれやアレルギーの原因になりやすいみたいですね。
我が家はいつもマンゴーマンゴーと騒いでいますが、マンゴー以外にも美味しいものがいっぱいあるのでご安心?を。
今回は生煎包食べられなかったなあ…。

この記事へのトラックバック