台湾 11th その8~何回目?明月湯包~

先月から今月にかけて、娘の卒園やら小学校入学やらでバタバタしていましたが、ようやく落ち着いてきました。
と思って油断していたら、早速ハンカチとティッシュを持たせるのを忘れました。

台湾旅行記の続きです。

mango cha chaから明月湯包までは歩いて移動しました。途中ペットショップ街になっています。
愛らしさに癒されてください。
この猫はガラスにべったり顔をつけた状態で爆睡しています。
画像

画像


もう何回来たかわからない明月湯包。定番の圓盅燉雞湯(鶏肉スープ)です。麺をつけるのもお約束。
画像

鶏の旨みがしっかり出たスープも素朴な味わいのストレート麺も優しい味で、子供達は大喜びです。日本人の感覚では少し塩味控えめかな?とも思いますが、素材の味がいいので、物足りなさはありません。

明月酢醤麺。ジャージャー麺です。
画像

肉味噌の味は良いのだけど、汁気が無い分もったりした感じで、子供には食べにくかったようです。

鍋貼(焼き餃子)。パリパリの羽根が食欲をそそります。
画像

むっちりした食感の皮は、小籠包の技術を生かした賜物でしょうか。ひょっとしたら小籠包より美味しいかも。
娘の大好物です。息子はなかなか野菜を食べたがらないので、野菜が混ぜ込まれた餃子はありがたいです。

お待ちかねの明月湯包。前回は1蒸籠しか頼まなかったら、子供達にばくばく食べられてしまったため、2蒸籠注文しました。満足満足。
画像

相当色々なところで小籠包を食べてきましたが、我々にはこれが基本と思えます。薄い皮の中には、コクがあるのにしつこくないスープがたっぷりで、何度食べても飽きません。絶対お勧めの一品。

台北ナビのクーポンを持って行ったので、サービスの小皿料理を頂きました。切り昆布・豆もやし・油豆腐(というものだと思う)の和え物です。
画像

昆布と豆もやしの食感が良くて、ごはんに合いそうな味付けです。全く辛くありません。
しかしその前に小籠包をがっつきすぎたため、さすがに入らず残してしまいました。

抹茶小包。別腹ですね(笑)。
画像

中には甘さ控えめの抹茶餡と柑橘系の甘酸っぱいお餅が入っています。台湾のジューススタンドではグレープフルーツ+緑茶等珍妙な飲み物が売られていて、挑戦したことは無いのですが、緑茶と柑橘ってアリなのかも。
うちの子供達は二人とも抹茶味のお菓子が大好きなので、これも大喜び。

次回の旅行でもきっと来るでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ネコロ
2011年05月03日 10:54
ごぶさたしてます。我が家の旅行どうするかという話が最近勃発し、ベトナム・台湾を推しましたが、なぜか秋にアメリカ(シアトル@ボーイングの工場で787を見る+名前がよかったポートランド)に変わりました。近いのに遠い台湾・・。読むほどに行きたくなります。
マンゴロイド
2011年05月03日 22:08
こちらこそご無沙汰です。
国内旅行以下の金額で、3日あれば行けてしまうという余りにも気軽な旅行先なので、逆に候補に挙がりにくいかもしれませんね。
娘の学校があるので、今年のGWは最大で3連休です。「3日しかないのか。あー、台湾でも行こうかなー」とつい思ってしまいました。気軽過ぎ?

この記事へのトラックバック