R-1 2012 雑感

事前の予想では、友近、キャプテン渡辺、スギちゃんが勝ち抜けで、スギちゃん優勝でした。

【友近】
今回のネタは独りよがり度が抑え目で良かったと思います(そうか?)。最後の曲は、羽賀研二がカバーした「ネバーエンディングストーリー」ですよね? こんな音源どこから持ってきたの(笑)。

【野性爆弾 川島】
一言で言うと案の定(笑)。絵描き歌ネタにひょうきん族のDNAを感じました。

【AMEMIYA】
歌ネタでは長持ちしてる方か。
結婚して20年で第2子誕生、って高齢出産すぎない?とか、どうでもいいことが気になりました。

【COWCOW 多田】
50音ネタで思い出したのは、谷隼人が司会をしてたものまね番組の常連素人さんでした。殆どのギャグを知っていて、「私、こんなに多田のギャグ知ってたんだ」と驚きました(笑)。ひたすらジャブを打って手数で勝負、というスタイルがR-1でも強かったか。

【サイクロンZ】
どういうスタイルで来るのか全く知りませんでしたが、これは驚きました。レベルの低い手品がこんなに面白いとは(笑)。構成を練っていけば、もっと面白くなるはずです。

【いなだなおき】
やっぱりブサイクネタなのか、と、ちょっとがっかり。

【徳井義実(チュートリアル)】
またヨギータってところにびっくり。まあ、「えげつない性欲」よりは「18万キロ」押しの方が好感。ところで、決勝のパンティーはえらくダサいデザインだった。まさに「パンティー」って感じ。

【キャプテン渡辺】
良かったのになあ。0票はないでしょう。一本芯の通ったクズぶりは期待を裏切らなかった。

【千鳥 大悟】
構成は悪くないのだけど、客を泥棒扱いとか、くだらな過ぎる下ネタに、どうしても好感が持てない。ネタの合間に携帯ってのは、アイヒマンスタンダードとかぶってますわ。

【ヤナギブソン(ザ・プラン9)】
バカサラリーマンの設定は面白かったけど、屁ネタを選ぶ安直さでかなりマイナス。ちょっと緊張しすぎたのか、演技が固かったような。

【ヒューマン中村】
芸人としての基本性能は高いと感じましたが、フリップ芸の型が古いかな。過去の数多の名フリップ芸と比較すると、やはり弱いか。

【スギちゃん】
待ってましたスギちゃん(笑)。 ほとんど知ってるネタだけど笑ってしまった。緊張で噛み倒しすぎ(笑)。


今回は採点方式がTHE MANZAI方式になって、今までの曖昧な点数方式より良かったと思います。
スギちゃんは、今回追い風吹きまくってましたが、芸人としての地力ではやはり多田、徳井の方が上かな、と。
徳井がパンティーネタを選んだのは、感涙する優勝者にそっとハンカチよろしくパンティーを渡すためだったのでしょうか(笑)。

何はともあれ、スギちゃんは今後露出が増えそうです。あの衣装で雪まつりや氷まつりの営業が入ることは想定しているでしょうか。ちょっと心配です(笑)。
芸人再生工場サンミュージックから、また一人リサイクルされましたね。(実際雷波少年でゴミ生活してましたが)
まだキャラ歴が浅いので、ネタの引き出しが少ないのかも。今後に期待です。
年末の「笑ってはいけない~」シリーズまで持ちますように(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック