テーマ:イタリア

イタリア その10 ~フィレンツェさらっと観光~

フィレンツェに着きました。ミケランジェロの丘からの眺めです。なんて美しい街なのでしょう! 花の都の名も納得です。 街のシンボル、ドゥオーモのクーポラがひときわ存在感を放っています。 映画「冷静と情熱の間」を思い出します(内容は全く見たことありませんが)。 ドゥオーモに来ました。ミラノ、ヴェネチアと圧倒されっぱなしでしたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その9 ~リアルディズニーシーで爆笑?ゴンドラ体験~

ヴェネチアの市内観光を一通り終えて、自由行動の時間になりました。 こんなカラフルなパスタを売っているお店を見つけました。綺麗だけど食欲をそそるかは疑問符がつきます。 リアルト橋からの眺め。ゴンドラがいっぱいです。これぞヴェネチアといった光景。 自由行動はそこそこに切り上げました。我々もゴンドラに乗る時間だからです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その8~圧巻! サン・マルコ寺院~

サン・マルコ寺院に来ました。ミラノのドゥオモの素晴らしさには度肝を抜かれたので、あれ以上ってことはそうそうないだろうと思っていたら、またもやその迫力に度肝を抜かれました。この写真でその大きさが伝わるでしょうか。 世界最大のゴシック建築であるミラノのドゥオモとは異なり、ビザンティン様式の建築です。そう言えば丸いドームはイスタンブール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その7 ~ドゥカーレ宮殿&ヴェネチアングラス工房~

ドゥカーレ宮殿というところにやってきました。宮殿と聞いてシェーンブルンのようなものを想像していると、ちょっとこじんまりした印象を受けます。 中には世界最大の油絵といわえるティントレット「天国」Paradisoがありますが、残念ながら撮影禁止。 その他ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ溜息の橋を見学しました。裁判後、有罪となった罪人は法廷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その6 ~ヴェネチア上陸~

明けましておめでとうございます、ってもう1月も終わりですが。 放置していたイタリア旅行記もいい加減復活させようと思います。 さて、我々はヴェローナからバスに乗ってヴェネチアへ向かいました。ヴェネチア周辺は工業地帯らしく、あまり景観がよろしいとは言えないのですが、水上タクシーに乗り換えて移動すると、それっぽい景色になってきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その5 ~ヴェローナちょこっと立ち寄り~

イタリア2日目の朝です。ヨーロッパ旅行の楽しみの一つは朝食。初めて訪れたオーストリアでは、そのパンの美味しさに驚愕したものです。さてイタリアでは…。 いくら安いツアーだからって、袋入りの菓子パンっていうのはどうなのよ。まあがっつり食べましたが。 気を取り直して出発です。本日最初に訪れたのはヴェローナ。ロミオとジュリエットの舞…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イタリア その4 ~最後の晩餐~

最後の晩餐を見るためにサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に来ました。外観は思ったよりも質素な印象です。 中はこんな感じ。本当に普通の教会です。 天井。テラコッタの色合いを生かした素朴で可愛らしい装飾です。 最後の晩餐は、教会内ではなく、隣の修道院食堂にあります。入場は1回25人、見学時間は15分と決めら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イタリア その3 ~ドゥオモ徹底観光~

昼食はミラノ風リゾットとミラノ風カツレツ。ツアーの食事なので期待できないかと思ったら予想以上の美味しさに驚きました。さすがイタリア。 昼食後は自由行動なので、再びドゥオモに来ました。何度見ても圧巻です。 しかも、5ユーロで屋根に登れるとのこと。このゴシック建築の最高峰に土足で上るなんてバチ当たりというか恐れ多いというか。でも上り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その2 ~ミラノさらっと観光~

2日目の朝、ミラノに到着しました。もちろんアーリーチェックイン等と言うものは無く、即観光です。 まずはスフォルツェスコ城。この抜けるような青い空を見るとヨーロッパに来たことを実感します。 軍事目的の色合いが強かったのか、城内には大砲の弾に使われた大きな石が転がっています。シェーンブルン宮殿のような壮麗さは無く、質実剛健で武骨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア その1 ~これこそツアーだ~

夏の旅行先はいつも悩みます。 近場の旅行先は暑すぎる、ヨーロッパなら多少は涼しいけど夏場は旅行代高騰、南半球は季節が真反対で体調を崩しそう…、と軟弱者の私には問題だらけです。そんな中、激安のイタリアツアーを発見。 会社の同僚や学生時代の先輩など、私の周囲の夫婦はなぜか新婚旅行にイタリアを選ぶ人が多く、ひねくれ者の私としては何となくイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more