テーマ:オランダ・ベルギー

オランダ・ベルギー その16 ~ブリュッセルを貪欲に過ごす~

ブリュッセルに戻ってきました。翌朝はもう帰国。残り少ない時間を惜しんで、とにかく町を歩き回ります。美しい植物園を見つけました。タダです。チューリップの花壇も美しいのですが、野の花が素敵なんですよね。ヨーロッパではこの白い小さな花をいたるところで見かけるのですが、何と言う花でしょうか。昔読んだ絵本の挿絵に描かれていた花にそっくりです。都会…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その15 ~サックスの故郷は最高~

アルデンヌ地方の町、ディナンにやってきました。サキソフォンの発明者アドルフ・サックスの生まれ故郷としても知られています。この頃はまだユーロ流通前だったので、ベルギーフラン札の図柄にもなっていました。サックスの発明ってそんなに凄いことだったのか。 この辺りはロッククライミングの名所らしく、ごつごつとした険しい岩肌が印象的です。まずはケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その14 ~アルデンヌ古城めぐり~

アルデンヌ古城めぐりの始まりです。最初に来たのはワーテルロー。ワーテルローの戦いといえば、ナポレオンの百日天下に終止符を打った戦いとして知られ、グランプラスのところでも書いたユーゴーの「レ・ミゼラブル」にも登場しますね。丘の上にそびえるライオンの像は、このとき用いた武器を溶かして作られたもので、28tもあるそうです。手前はナポレオンの像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その13 ~シャトー?ホテルに泊まる~

ブリュッセル観光の続きです。これはセルクラースの像。ブリュッセルの英雄らしいです。触ると幸運を招くらしく、触られまくりでピカピカです。 そして世界三大ガッカリの一つとして名高い?小便小僧。愛称はジュリアン君です。ジュリアンはとても衣装もちで、この日はボーイスカウトでした。日本から送られた桃太郎などの衣装もあります。まあ普通に愛らしいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その12 ~世界で最も美しい広場 グランプラス~

ブリュッセル観光の始まりです。まずはヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と賞賛したグランプラスです。建物の装飾に圧倒されます。凄い威圧感です。正直世界一綺麗か?と言うと違和感があるかもしれません。しかしユーゴーは表面的な美しさのことを述べたのではないのでしょう。ヨーロッパにはグランプラスより華麗で洗練されたお城もあります。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その11 ~ゲント再び~

ゲントに戻ってきました。前回は神秘の子羊だけを見て退散、という感じだったので、今度はもう少しゆっくり散策します。これは鐘楼です。てっぺんにはゲントのシンボルであるドラゴンの像があります。オランダ・ベルギーではカリヨンという組鐘がよく用いられています。複数の鐘を組み合わせているので、複雑で繊細な音色を出すことが出来ます。街によってカリヨン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その10 ~橋と運河の街ブルージュ~

ついにブルージュにやってきました。ベルギー観光のハイライトと言っていいでしょう。まずは世界遺産にも登録されているベギン修道会の見学です。オーストリアのメルクで見たような豪華な修道院ではなく、質素で愛らしい造りです。修道女の衣装は15世紀から変わらないそうです。今も信仰の場なのですね。 ブルージュはボビンレースやゴブラン織りなどが名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その9 ~一期一会のワッフル~

ゲントにやってきました。ここで有名なのは聖バーブ大聖堂。ここには、ヤン・ファン・エイクの代表作である「神秘の子羊」が展示されているのです。本当は2日後に訪れる予定だったのですが、その日がメーデーのため、絵を見られないかもしれないと言うことで一足先に立ち寄ったのです。絵の方は残念ながら撮影禁止。ガイドさんがコピーを見せながら色々と説明して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その8 ~フランダースの犬とルーベンスコード?!~

アントワープに到着しました。が、ホテルの周りはなんだかうらぶれて薄汚い…。潔癖なオランダとの違いに愕然としましたが、綺麗なところはちゃんと綺麗でした。自由が丘の南口みたいなものでしょうか(そうか?)。 名探偵ポワロが「ベルギー人の小男」と表現されているように、巨人揃いのオランダとは違い、ベルギーの人々は日本人から見ても割と普通の体格で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その7 ~風車は寒かった~

デルフトにやってきました。写真は市庁舎です。中央のブロンズ像はデルフト出身の法学者グロティウスです。「国際法の父」世界史で覚えたなあ。 デルフトの町です。ぐるりと回ればはいおしまい、と言うくらいの小さな町です。フェルメールはこの町から殆ど出ることも無く生涯を終えたそうです。オランダの家はどの家を見ても窓ガラスはピカピカに磨かれ(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その6 ~オランダやっぱり花の国~

オランダ観光2日目。食事がワンパターンだと前に言いましたが、そこはさすがヨーロッパ。パンとハムとチーズと牛乳は美味しいです。ここのホテルは特にチョコデニッシュが美味しくて、朝からがっつり食べてしまいました。 朝食を済ませ、キューケンホフ公園へ向かいます。残念ながらお天気はイマイチです。それでも車窓から見る花畑は素晴らしいです。風車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その5 ~オトナの国オランダ~

アムステルダム市内観光は続きます。写真は東京駅のモデルになったと言われるアムステルダム中央駅。レンガ造りが雰囲気です。 船に乗って運河めぐり。人気のコースらしく、観光客でいっぱいでした。写真はアンネフランクの家。観光には組まれていなかったので、自由行動のときにでもぜひ訪れてみたかったのですが、大行列を見て諦めました。春のオランダは観光…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その4 ~芸術に目覚める?!~

アムステルダムの国立美術館にやってきました。 正直美術にはそれほど明るくないのですが、レンブラントの「夜警」には釘付けになりました。世界史の時間に「光と影の魔術師」と教わり、テスト前にぶつぶつと唱えて覚えましたが、この絵を目の当たりにすれば一目で覚えられます。そこには確かに「光と影」が描かれているからです。巧みな陰影と遠近感で、人物が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その3 ~やっちゃった写真撮影~

オランダ観光1日目。まずはチーズ市が開催されるアルクマールの町へ向かいます。途中車窓から花畑を見ることが出来ました。チューリップはもう終わりに近い時期ですが、少しでも見られてよかったです。 チーズ市に到着。黄色いチーズがずらりと並んでいる光景は壮観です。チーズは1個14kgもあるのだそう。担ぎ手のおじさん達がリズミカルに運搬してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その2 ~オランダ上陸~

いよいよ出発です。我々が乗る飛行機はルフトハンザ711便。朝4時起きでした。 オーストリアでお世話になった添乗員さんからルフトハンザの機内食は美味しいと聞いていたので、楽しみにしていました。確かにBAよりは美味しいです。日本で食べるとなんてことはない茶そばも、機内で出てくると嬉しいものです。 フランクフルトでアムステルダム行きに乗り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・ベルギー その1 ~きっかけはフジテレビ?!~

GWの余韻も覚めやらぬまま、このブログも大分放置してしまいました。 早く連休ボケを解消しなければ、というのに、かつてGWに訪れたオランダ・ベルギー旅行のことを書きます。 初めてのGWの海外旅行先候補は割とスンナリ絞れました。なんと言っても季節は春。あの風車とチューリップの風景は子供の頃からの憧れです。 記憶をたどっていくと、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more